最近、インターネット上はもちろんTVなどメディアでもよく耳にする『クラウド』。オンラインストレージやWebメールなど、インターネットに繋ぐだけでさまざまなサービスを提供してくれる技術だ。いまや多くの企業が業務システムやソフトウェアのクラウド化に乗り出し、その波はとどまることを知らない。しかし、社内環境のクラウド化を進めるにあたって悩みどころがインターネット回線だ。様々なツールをクラウドにしたもののなかなか繋がらない、アップロードが遅いなど「やっぱりやらなきゃよかった…」と後悔している“情シス”がここにもひとりーーー

にのまえ はじめ

業務ツールをクラウドサービスに切り替えてみてはや1週間…
自社でツール運用していたときと比べて管理やメンテナンスの手間も削減できたし、情シスの俺にとってはウハウハだn…

多田野部長

おいっ!!!
この管理画面ぜんぜん動かないじゃないか!
どうなってるんだ!
早く直せ!

にのまえ はじめ

えぇ~っ!
そんなこと言われたって困りますよ!
それにほら、少し待てば……ね?
アップロードできたじゃないですか

多田野部長

そういう問題じゃないだろう!
キミが“クロウト”のほうがいいっていうから導入したんじゃないか! こんなに動作が遅いなんて聞いてないぞ! しかも、システムにアクセスできないときもあるじゃないか!

にのまえ はじめ

部長、クロウトじゃなくて「クラウド」です!
ク・ラ・ウ・ド!
…あぁっ!すみません!そんなに怒らないでっ!
一体、クラウドを快適に利用するにはどうすればいいんだ!?

情シスマン

ITトラブルに嘆くそこのキミ!

にのまえ はじめ

えっ…!あ、あなたはたしか…
Joshisu Man!?

情シスマン

また会ったな!なに?
クラウドサービスが快適に利用できない?
キミの会社の回線は以前、
USEN GATE 02 の「プレミアインターネット」にしたはずだが…

にのまえ はじめ

あ!それ、他の回線に変えちゃいました!
業務システムクラウド化の稟議が通ったけど、
コスト削減しろって言われて、安いインターネットに切り替えたんです!

情シスマン

キミは何もわかっていないようだな…
コストも大切だが、クラウドを快適に利用するためにはインターネット回線の品質が鍵を握る!以下のポイントを踏まえて、回線の見直しをするぞ!

クラウド(Microsoft 365 や Google Workspace など)への接続が重い。その理由とは?

Microsoft 365 や Google Workspace への接続が重くて業務にならない、ファイルサーバにつながらない…といったクレームが現場から入ることはないだろうか?

ここ数年の働き方改革などで企業のクラウド化は一気に加速している。今まで回線速度に何も問題がなかったとしても、基幹システムや業務システムをクラウド化するとトラフィック量※が増え、それらを処理しきれる回線が必要になる。回線品質が不十分だと操作やレスポンスが遅くなってしまうことで、SaaSなどのクラウドへの接続が以前よりも遅く感じるようになってしまうのだ。

※トラフィック量…インターネット回線上を流れているデータの量

遅くなる原因は大きく分けて2つ、インターネット回線の品質とネットワーク機器の処理速度だ。

インターネット回線が原因

クラウドサービスは、インターネットを通じてデータのやり取りが行われる。従来、社内ネットワークの中でファイルサーバなどへアクセスできていたものが、クラウド化によって社内ネットワークの外(インターネット)への通信が大きく増えることになった。インターネットの通信帯域が不十分である場合、その大きく増えたトラフィックに耐えられなくなってしまう。

また、安定性という観点も重要だ。契約している帯域が十分だったとしても、ベストエフォート型や共有回線であった場合、他のユーザの使用状況などに影響を受け十分な帯域が確保できないケースも。十分な帯域安定して使用できる状態になっているのが望ましい状態である。

情シスマン

クラウドへの接続が重いときは、まずは契約している回線の帯域と種類(ベストエフォートor帯域保証、専有型or共有型)を確認しよう。

ネットワーク機器が原因

インターネットの窓口になるルータなどのネットワーク機器の処理速度も重要なポイントだ。たとえインターネット回線を高品質なものを使用していたとしても、ルータのスループットが低いとそれが足を引っ張ってしまい、本来の帯域を活用できなくなる。

ネットワーク機器に接続する社員のクラウド利用も十分処理することができ、なおかつ、セキュリティ対策を実装しても影響がでないだけのスペックがある機器を使用してるかは確認しておこう。

情シスマン

意外と見落としがちなのがネットワーク機器のスペックだ。
高品質のインターネットに変えてもまだ重いな…と感じる場合には、ルータやハブ、UTMなどがボトルネックになっているかもしれない。
そもそもどこが要因かわからない…というユーザはUSEN GATE 02が無料配布しているチェックリストを使うといいぞ。

にのまえ はじめ

なるほど。うちは回線を安いものに変えたからなのかな…
とりあえず、うちの会社どうしたらいいか教えてください!

クラウドへの接続が遅いときの対策とは

まずは、自社のボトルネックがどこなのかを調べよう。
そのうえで、回線やルータのスペックを、現在の使用状況に耐えられるものに変更していくことが重要だ。

最適なインターネット回線を選ぼう

クラウド時代におすすめしたいインターネット回線は専有型と呼ばれるインターネット回線だ。
専有型とは、1本のインターネット回線を1社(1ユーザ)で独占して使用できる契約形態であり、自社のみがその回線を使用できることで他のユーザの影響を受けにくい=安定的な通信ができる。

※矢野経済研究所 WHITE PAPER「働き方改革を支えるインターネット環境の選定において重視すべきポイント」図表6を引用

単純に契約帯域を上げるより、専有型で必要帯域分だけ契約したほうがコストを抑えられるケースも多いため、回線の切り替えを検討する際には、候補の一つに加えるとよいだろう。

情シスマン

おすすめは専有型回線である USEN GATE 02 のインターネット回線「プレミアインターネット」だ。
以下、矢野経済研究所のプレミアインターネットと他回線の比較結果を見てみよう。

※測定条件:比較数値は、回線ごとに朝(9:00~11:00)、昼(13:00~14:00)、夕(17:30~19:00)の時間帯に計測した平均値。
※矢野経済研究所 WHITE PAPER「働き方改革を支えるインターネット環境の選定において重視すべきポイント」図表3を引用
※「プレミアインターネット」は、アルテリア・ネットワークス株式会社の「ARTERIA光」を利用して提供するものです。

※測定条件:各クラウドサー ビス (AWS、Azure、Office365(現Microsoft 365 )、Google Workspace、サイボウズ)にpingコマンドを実行し、RTTを3回測定した結果の平均値
※矢野経済研究所 WHITE PAPER「働き方改革を支えるインターネット環境の選定において重視すべきポイント」図表4を引用

※容量1GBのファイルを各々のクラウドサービスに3回アップロード/ダウンロードした場合における転送時間の平均値
※矢野経済研究所 WHITE PAPER「働き方改革を支えるインターネット環境の選定において重視すべきポイント」図表5を引用

【覚えておきたい用語】~KEYWORD!~

・スループット…途中のネットワーク機器での伝搬処理などを含んだ実質的なデータの転送速度

・Pingコマンド…ネットワークが正常に繋がっているか確かめるコマンド

・RTT値…ラウンドトリップタイムの略。ネットワーク上で信号を発してから応答が返って来るまでの時間を指す

情シスマン

速度に申し分ないといわれる1Gbpsの回線でも、
実はこれだけ差がある!
クラウドを快適に利用するためには、
まず「安定して通信速度の速い回線」を使うことだ

にのまえ はじめ

もうここからつまづいてますね、うちの回線…
たまに回線が速いときもあるんですけど、接続が途切れたりしてこれもみんなのイライラの原因なんだよなぁ

情シスマン

また「共有型」は、『輻輳(ふくそう)』の影響を受ける可能性もある

にのまえ はじめ

ふ、ふくそう…?
どっかで聞いたような…?

情シスマン

輻輳とはインターネット回線上に多量のトラフィック(通信)が集中することで、渋滞状態になり速度が落ちることだ!
詳しくは輻輳について解説したこちらを見てくれ!
この『輻輳』が回線の安定性にも影響してくる
解決にはやはり高品質な通信ができる回線を選ぶ必要がある ONU※を借りるぞ!
光ファイバーテイル!

※ONU:オフィス側にあるインターネット回線の終端装置

~Joshisu Man Equipment①:光ファイバーテイル~

光ファイバーを束ねたようなウィップ型ソード。ひと振りでネットワークにまつわるアレコレを解決できる

ONUに光ファイバーテイルを振りかざすJoshisu Man。

ガキィィィィン!!

衝撃音とともに青い光が生じ、あたりがトンネルのような空間に切り替わった。灰色の霧が広がり、薄暗い。しばらく進んでいくと、トンネルの先に光が渦巻く、 プロバイダ側の終端装置が見える。その手前に見覚えのある男の影があった。

Dr. Protocol

ククククッ…!
また会ったな!Joshisu Manだったか?
挨拶が遅れたな!私はDr.プロトコルだ!

情シスマン

おまえ、何が目的だ!
さっさとここから出ていけ!

(光ファイバーテイルをかざす)

いけっ!プレミアインターネット !

稲妻が走り、青い光が宿った光ファイバーテイルを振り下ろすと、トンネル空間が崩れ去り、穏やかな水色の空間、USEN GATE 02『プレミアインターネット』が広がった。

Dr. Protocol

クククッ!回線が切り替わるのは予測済みだ!

情シスマン

……!?何かがおかしい…
まさかルータにも原因があるのか…!?

最適なルータを選ぼう

クラウド時代では、処理速度が高いルータを選定する必要がある。
回線のスループットにあわせたルータを使用していても、セッション数※が少ないと遅延の原因になることも。
どのくらいのスペックが必要かは利用状況によって異なるため、専門家に相談することをおすすめする。

※セッション数:ネットワーク接続が確立されてから切断するまでの一連の通信のこと。
Webページへのアクセスはもちろん、アプリケーション利用などでも増大する。
例えば、50人の会社で1人50セッションをはるWebサイトを3つ閲覧していたとしたら、50×50×3=7,500セッションが必要となる

情シスマン

はじめ、聞こえているならルータを調べろ!
そのルータは何年製だ!?
まさか家庭用じゃないだろうな!セッション数を調べろ!

にのまえ はじめ

い、いくらなんでも家庭用ではないですよ!
さすがに50人規模だし…んーと、発売は5年以上前?
DP社製のやつで…セッション数4000くらいです!

情シスマン

セッション数が少なすぎる!原因はそれだ!
いくぞ!トラフィックサーチャー!

~Joshisu Man Equipment②:トラフィックサーチャー~

Joshisu Manのベルト部分についているWi-Fiルーター型のマルチサポート武器。アクセスポイントを立てたり、ルータ関連の調整、トラフィックスカウターとしても役に立つ。

Dr. Protocol

ナニッ…!?
Dr.プロトコル謹製のルータがッ!

情シスマン

残念だったな!ルータを最新のものに変えさせてもらった!
セッション数の穴をつくとはな…!覚悟しろ!

Dr. Protocol

チッ…!この借りは返すからな!
退散! (ブォン)

──── そして会社にて ────

にのまえ はじめ

そんな…ルータも原因だったなんて…

情シスマン

盲点になりやすいところだな!
回線のスループットにあわせたルータを使っていても、セッション数が少なければネットワーク遅延の原因となる トラフィック量や同時接続数が増加するクラウド利用環境においては、処理能力の高いルータを選ぶことも大切だ

にのまえ はじめ

でもこれでクラウドへの接続もサクサクになりましたよね!

情シスマン

そうだな!
強い情シスが企業を伸ばす!
また会おう!さらばだ!

【解決】~ICT SOLUTION!~

情報セキュリティ対策はどこから手を付けていいのか、また、どこまでやればいいのか判断が難しいもの。特にクラウドサービスを快適に利用するためには、インフラであるインターネット回線の品質が重要だ。安いものほど回線を分岐させて複数のユーザでシェアしている場合が多い。そのため、輻輳が起こりやすく速度も低下しやすい。回線を選ぶや見直すは、以下の3つのポイントに気を付けよう

1.「通信速度の速い回線」を選ぶ
2.「安定性の高い回線」を選ぶ
3.「処理能力の高いネットワーク機器」を選ぶ

とにかく安定した回線が欲しい、回線導入をまるっとお任せしたいという情シスは、USEN GATE 02 の1社専有型のインターネット回線『プレミアインターネット』を使ってみてほしい。

「USEN GATE 02 ―Internet Access Solution―」
・1社専有型の光ファイバで高速、快適なインターネット環境を提供
・回線&ISPの自社一括提供でオフィスからインターネットまでダイレクトに繋がる
・高額なシステムを使わず、敷設コスト削減で利用しやすい料金に
・DNSホスティング、監視など情シス担当者をバックアップするテクニカルサポート、オプションも充実


TO BE CONTINUED…

<情シスマン>

本メディアの主人公。職業はヒーローで、趣味はトラフィック監視。
様々な武器を駆使して情シスにまつわる問題や悩みを解決している。
ITをよく知らないのに、情シス担当になってしまった人の味方です。いや、正義の味方じゃなく、正義そのもの。困っている人がいたら、助けたいお人よし。

この記事に関連するお役立ち資料はこちら

クラウドサービスと相性が良い社内インターネット回線の選び方

クラウドサービスの利用が拡大し、インターネットアクセスのトラフィックは大幅に増加しました。その影響から会社で利用するインターネット回線の接続が不安定になり、接続に不満を感じることも多いのではないでしょうか。
本資料では、安定するインターネット回線の選び方について解説しています。

ダウンロードする

さらに理解を深めたい方にオススメの記事はこちら

関連サービス